実際に撮ってみました!マタニティフォト⭐︎

2019.04.19
| 便利&お役立ち

こんにちは!
埼玉県川口市・志木市の完全予約制写真館、武蔵野創寫舘の奥野です!
突然ですがみなさま、マタニティフォトってご存知ですか?

 「マタニティフォト?知らな~い」
 「知ってる!気になる!」
 「知ってはいるけどどうやって撮ればいいか分からない~」

実は私も、マタニティフォト気にはなるけどどうやって撮ればいいか分からないし、写真館の予約を取るのもめんどくさいし・・・なんて思っていたひとりです。(←写真館に携わる人間として言っていいのかこんなこと・・・でもわかるわかるって言ってくれる人も結構いるはず)

そんな中、ありがたいことに「ちょっと撮ってみない?」と声をかけてもらい、撮ってみましたマタニティフォト
もちろん撮影は当写真館、武蔵野創冩舘で⭐︎
撮影中はドキドキでしたが、今となっては本当に撮ってよかったなと思います。

今回のコラムは、実際にマタニティフォトを撮った経験を元に、マタニティフォトの魅力や注意点をご紹介します!

実際に撮ってみました!マタニティフォト

そもそもマタニティフォトって?

マタニティフォトとは、妊娠中のお腹の大きな女性を撮影した写真のこと。
海外のセレブたちが撮影したのが発祥と言われており、日本でも年々その人気が高まっています。
近年では日本の芸能人も素敵なマタニティフォトをたくさん公開していますので、気になった方はぜひ検索を!逆光でおなかのシルエットを美しくとらえたものや、フェミニンな衣装を着てお花畑の中で撮影された可愛らしいフォトなど、いろいろなテイストのマタニティフォトが見られます。

いつ撮るの?

マタニティフォトはこの時期に撮らなければいけない!という決まりはありませんが、お腹が大きく目立つようになる妊娠7ヶ月以降の撮影が一般的です。
出産予定日より早くに赤ちゃんが産まれるケースも考えて、武蔵野創冩舘では妊娠8~9ヶ月頃の撮影をオススメしています。

撮影はどこでする?

素敵なマタニティフォトを見て「自分も撮りたい!」と思ったあなた!
次に気になるのはどこで撮るかですよね?!(え、気になってない?気になりますよね?ね??)
マタニティフォトは主に自宅か写真館で撮影します。

①自宅で撮影する場合
メリット
 手軽にいつでもマタニティフォトが撮れる
 お金をかけずに撮影できる
 自分のペースで撮影できる

デメリット
 衣装やセットを自分で準備しないといけない
 妊娠線や正中線などがそのまま写る
 家族みんなで撮るのが難しい

②写真館で撮影する場合
メリット
 仕上がりが綺麗(妊娠線や正中線など、気になる箇所を画像処理してもらえる)
 プロのヘアメイクやカメラマンにお任せできる
 家族みんなで、色んなポーズで撮影できる

デメリット
 お金がかかる
 撮影予約やお店に行くなどの手間がかかる
 近くにマタニティフォトが撮影できる写真館がない場合がある

いかがですか?
自宅も写真館もそれぞれメリットデメリットがあります。
ラフに撮りたい、家族みんなで撮影したい、など自分に合った撮影場所で素敵なマタニティフォトを撮りましょう⭐︎

みんなどんな格好で撮るの?~写真館の場合~

マタニティフォトをいつ撮る・どこで撮るかわかったところで次に気になるのが「じゃあ実際みんなどんな格好で撮ってるの?」ってとこですよね。
今回は写真館でマタニティフォトを撮る場合についてご紹介いたします!

マタニティフォトを写真館で撮影する場合、マタニティフォト用のドレス または 私服で撮影します。

「マタニティフォト用のドレスってどんなの?」

わかります、わかりますよその気持ち!!
言葉じゃなくて画像(態度)で示してよ!ってことですよね!!

お任せください、武蔵野創冩舘のマタニティフォト用ドレスを一部写真でご紹介いたします⭐︎

まずは武蔵野創冩舘 東川口店のマタニティフォト用ドレスから⭐︎
レースやリボンがついたふんわり可愛らしいドレスや・・・
実際に撮ってみました!マタニティフォト

お腹を出すのが恥ずかしい方にはレースで隠れるエレガントなマタニティフォト用ドレスもあります⭐︎
実際に撮ってみました!マタニティフォト

また、武蔵野創冩舘 マルイ志木店では上下の衣装をそれぞれお好みで組み合わせて撮影していただけます⭐︎
オールホワイトでチュールスカートにガウンを組み合わせたり、
実際に撮ってみました!マタニティフォト

ブラトップ・スカート・ガウンそれぞれ違う色を組み合わせるとこんなに華やかな雰囲気に⭐︎
実際に撮ってみました!マタニティフォト

また、写真館ではマタニティフォト用ドレスだけでなく、私服で撮影することももちろんできます!
お気に入りの衣装がある場合など、お気軽にご相談くださいませ⭐︎

1人で撮る?家族で撮る?

マタニティフォトはご本人だけで撮るのはもちろん、パパやお兄ちゃんお姉ちゃんなど家族で撮るのもオススメです!
「家族みんなでマタニティフォト!素敵~!!でも家族はどんな服を用意すればいいの?」
家族も一緒に私服で撮影する場合は、色でリンクしたり柄でリンクしたり統一感を出すのがオススメです⭐︎白シャツリンク、ボーダーリンク、デニムリンクなどが手持ちの服でもトライしやすく定番です!
さぁ!早速クローゼットを開けてリンクコーデを探してみましょう!
実際に撮ってみました!マタニティフォト
実際に撮ってみました!マタニティフォト

写真館でのマタニティフォト撮影

ここからは実際に武蔵野創冩舘で撮影した当日の様子をご紹介していきます!

<撮影当日の流れ>
  ①来店、ヘアメイク
  ②着替え
  ③撮影
  ④写真セレクト
  ⑤台紙、アルバム受け取り

①来店、ヘアメイク

来店、受付をすませるとまずはヘアメイクから!
希望のヘアスタイルやメイクのイメージを持たずにその日を迎えましたが、プロのヘアメイクさんがカタログを色々と見せてくれ、相談しながら決めていきます。
ここでヘアアクセサリーも決めていくんですが、マタニティフォトで使うヘアアクセサリーといえば・・・そう!花冠です⭐︎数種類の中から好きなものを選びます。(花冠以外にもブライダル用のヘアアクセサリーも色々選べるとのこと。写真館ならではの品揃え!)
花冠の色味も考慮してどんなメイクにするか提案してくれたので「なるほど~!」という感じでメイクも決定!

ちなみに写真館でメイクする場合はすっぴんで来店すればOK!

「敏感肌だから私物のコスメでベースメイクだけしていきたい」
「お気に入りのアイシャドウを使ってメイクしてほしい」
などの希望ももちろんOK⭐︎
気になることがあればどんどん聞いてみましょう!

②着替え

マタニティフォト用ドレスを選んで着替えます。
そう!ヘアメイクをしてから着替えるんです!(←ここテストに出ます!要チェック!!)
衣装に着替えて撮影する場合は、前開きの服が便利です!

③撮影

衣装に着替えたらいよいよ撮影!
ヘアメイクと同じくノープランで撮影に挑みましたが、そこはプロのカメラマン。
「体を斜めに向けて~右手をお腹にそっと添えてみましょうか⭐︎」
「ご主人と手をつないでお互い目を合わせて、はいっ、にっこり笑ってくださ~い⭐︎」
マタニティフォトにぴったりのポーズをつぎつぎと教えてくれます!
妊娠後期は動くとお腹が張りやすいので少し不安でしたが、随時女性スタッフが体調を気遣ってくれたのも心強かったです!

④写真セレクト

撮影後、着替えるとさっき撮った写真がもうパソコンモニターに映し出されています!
「わ~!テレる~!でもうれし~!!」(テンションハイパーUP)
こんな風に映るんだ、と新鮮な気持ちになります。なんとなくお腹をナデナデ。

お気に入りの写真を選んで、台紙やアルバムを選んだらこの日の撮影は終了です。
あ~、どんな風に仕上がるのか楽しみ!!

⑤台紙、アルバム受け取り

後日、注文した台紙やアルバムを受け取りにいきます。

「え?めっちゃきれいになってる・・・!!」

なんということでしょう!撮影当日に見た写真がさらに美しくなっています!!
それもそのはず、武蔵野創冩舘で撮影した写真は画像処理という魔法をかけられてよりキレイな写真になるのです!!
(詳しくは次項の「マタニティフォトを撮ってよかった点②」をお読みください)

これはもうほんとに実物を見ていただきたい!
もしお店の近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りいただき店頭のアルバムを開いてみてくださいね~!

マタニティフォト、よかった点とそうじゃない点

そんなこんなで、撮影したマタニティフォトは大満足
でも正直「もうちょっとこうしておけばよかった~!」と思うところもあります。
これからマタニティフォトを撮るよ~という方、よければ参考にしていただければ幸いです⭐︎
みなさまが一片の悔いなし!のマタニティフォトが撮れるよう願っております!

マタニティフォトを撮ってよかった点

①思い出に残る
人生の中でほんの限られた時期だけに撮れるマタニティフォト。時間が経てば経つほど、撮ってよかったな~と思います。

②(写真館で撮影した場合)画像修正って素晴らしい!
妊娠中って色素が濃くなる(というか黒ずむ)んですよね・・・とりわけマタニティフォトを撮るときに気になるのが妊娠線や正中線
私もマタニティフォトを撮影した時は正中線がくっきり。見たくない~こんなお腹見たくない~~~( ; ; )
でも大丈夫!武蔵野創冩舘なら綺麗さっぱりつるっつるのお腹にしてくれます!!(急に営業)
とはいえどれだけ綺麗になるか、見てみないとわかりませんよね。
お恥ずかしいですが・・・ここは恥を忍んで自らの写真でご紹介します。

はいっドドン!!

実際に撮ってみました!マタニティフォト

ほーら綺麗!つるっつる!!

このマタニティフォトを撮った時はかなり遠目からでも正中線が見えるくらいでしたが、跡形もなく消えています!!

「マタニティフォトっておなか出すんでしょ?妊娠線や正中線が気になって撮影に踏み切れない・・・」という方もこれなら撮りたくなったのでは?

ちなみにスタッフに見られるのも恥ずかしい~という方もご安心を。
スタッフはみんなプロ!何百人、何万人(←言い過ぎ)もの妊婦さんのお腹を見てきているので全く気になりません!そして、いかにお客様の素敵な笑顔を引きだして、思い出に残る撮影をするかに集中していますので、お腹を見られるのが恥ずかしい~というご心配は無用です⭐︎

もっとこうしておけば・・と思った点

①理想のマタニティフォトイメージをもっと固めておく
綺麗なマタニティフォトが撮りたいな~とぼやっとしたイメージしかなかった私。
ヘアもメイクも撮影もぜーんぶまる投げでも、とっても素敵な写真を撮ってもらえましたが、せっかく撮るなら希望の髪型やメイク、撮影方法(サッシュベルトを巻くなど)を考えておいたほうがもっと満足度が高くなるのではと思います!

②2人目も撮れば良かった
実はわたくし、2人子供がいます。1人目のときにマタニティフォトを撮ったのですが、2人目妊娠中は子育て・家事・仕事に追われて毎日バタバタで、マタニティフォトを撮りたいなーと思う間もなく里帰り出産。
今さらながら、上の子やパパと一緒にマタニティフォトを撮っておけばよかったと後悔しております。マタニティ撮影にご家族でいらしたお客様で、お兄ちゃんやお姉ちゃんがママの大きなお腹にそっとキスをしている姿なんて見たらもう・・・たまりません!!あぁ~、無理やりでも時間を作って撮っておけばよかった・・・
当たり前ですが、マタニティフォトは後から撮りたくなっても出産したら絶対に撮れなくなります。ちょっとでも気になる貴方、ぜひ撮ってみてはいかがでしょう⭐︎

期間限定のメモリアルフォト

いかがでしたか?マタニティフォトの魅力をお伝えできたでしょうか。
お腹の赤ちゃんと一緒に過ごせる貴重なひととき。赤ちゃんが大きくなったら家族みんなでマタニティフォトを見るのも楽しみですね。

  • twitter
  • facebook
  • LINE